Forest Crewホームフィンランドログハウスフィンランドログハウスの歴史

フィンランドログハウスの歴史

フィンランドログハウスの歴史

写真:フィンランドログハウスの歴史1

フィンランドでは、何世紀にも渡り⽊造建築が⾏われてきました。15世紀に建てられた⼩さな⼩屋 “Savutuvat” がフィンランドで最初のログハウスといわれています。そのログハウスは当時まだ⼿斧でログを裁断し加⼯されていました。その後時代を経て道具や⼿法は代わり、現在のマシンカット技術へと進化していきます。その進化は⾮常にドラマチックな発展があったことは⾔うまでもありません。フィンランドの北極圏(ラップランド)での厳寒地では、より快適な住宅へとログハウスを改善させて⾏く事は⾮常に重要な要素でした。ログの材料にはラップランドの環境で育まれた頑丈なラップランドパインを使⽤し、室内空間を暖かく包み込んでくれます。また、機械の加⼯技術に進化によってマシンカットされたログ材は気密性をも⾼め、厳しい気候に耐える住宅としてのログハウスへと進化してきました。

写真:フィンランドログハウスの歴史2

フィンランドの建築技術は1000年以上もの間で進歩してきました。また、フィンランドログハウスはプロフェッショナルの⼿により常にアレンジされ続けてきた技術の結晶とも⾔えます。材料の品質と加⼯精度の⾼まったログハウスはフィンランドの最強の輸出商品ともなってきました。
”ログハウス”と⾔えば丸太⼩屋を想像される⽅が多い様ですが、フィンランドでは手斧で裁断加工をする時代から四⾓く形成された”ログ”で組んでおります。北欧の厳しい環境でも快適に過ごせるように少しでも気密・断熱性能を⾼める⼯夫が古くより進化してきたのです。

フィンランドと⽐べると⽐較的温暖な北⽶やカナダでは丸太のまま組んでおり、そのダイナミックな印象から⽇本でそのイメージが定着してきました。ですが、これも北欧からの移住者達が持ち込んだのが始まりです。
18 世紀の初め、アメリカ東海岸に移民した北欧の人々が最初の冬を迎える前に大急ぎで建てた母国伝統の家が、北米のログハウスのルーツと言われています。

フィンランドのログハウス事業

グラフ:フィンランドのログハウス事業

フィンランドにおいて建築で木を使用する割合は40%です。木造建築が環境に与える影響はわずか5%だそうです。同じようにコンクリートが使用される割合は43%で、環境に与える影響は高く80%近くにもなるそうです。
木で作るログハウスは、最も優れたエコロジカル的建物でもあるという事なのでしょう。
ログハウスの壁は「カーボンバンク」のような物と言われています。それは家が炭素を蓄積します。ここ最近の調査ではHTT協会・SAFA建築・マッティーアラッサリーの手によりコンクリート・レンガ・木・ログ壁などの炭素バランスの比較研究を行いました。この比較は製造や輸送・建築・建物に必要なメンテナンスに関する50年間の考察です。
平均的なサイズの1棟のログハウスは約24トンの二酸化炭素を蓄積します。そのログハウスを製造・建築するまでの二酸化炭素の排出量は約2.5トンで、ログ壁に蓄積する10%程度と言われています。 同時にコンクリートやレンガ壁の二酸化炭素排出量はさまざまで、しかも蓄積量はほとんどありません。その意味からログハウスは唯一建築材料としてはCO2のバランスを保つ事が出来ると言えます。

写真:フィンランドログ

フィンランドでログハウスを製造する時のエネルギー消費は僅かです。製造時の副産物として工程中行われる皮むき作業やカッティング時に生じる皮やおがくず、廃材はその地元の火力発電、ボイラー、製紙工場へ送られます。新しいエネルギーの生成に役立っております。
木は再生可能な資源であり、フィンランドでは木材消費量よりも木の生長率は高いのです。 この豊富な自然の恵みの中でログハウスを製造した場合、平均70000棟分程度は製造しても良いという値となります。

この様にフィンランドでは『持続可能な森林経営』がなされており、ログハウス事業に携わるフィンランド国内の工場とフィンランドログハウスをメインとしている我々Forest CrewはCSR(企業の社会的責任)において、地球環境面で大きく貢献しております。
ログハウスは、製造過程から建築〜居住全てにおいて最も環境にやさしい建物なのです。

フィンランドログハウス

facebookページはこちら

 

Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ