Forest CrewホームForest Crew環境対する考え方

環境に対する考え方

環境に配慮した新しい価値観に基づくライフスタイル

環境と経済の両立には、「不要なものは買わない」「使う量は少なく」「長く使う」ことなどが挙げられます。そうすれば消費量は減少し生産も減り、環境へのインパクトは少なくなっていきます。

一般的な住宅の構成部品点数は約3万点と言われております。
基礎、設備、電気、屋根などログハウス共通する部分を考慮しても、部品点数で見ると圧倒的にログハウスの方が少なく、しかもその構成部材のほとんどが天然木材です。

またログハウス発祥の地とされる北欧や、北米に伝わったログハウスの中には築200年~300年の物も現存しております。日本においても正倉院などは1300年、古民家など松や杉丸太などを使用した建物は200年~300年も受け継がれてきております。

洋の東西を問わず「使うものは少なく」「長く使う」という文化は共通しており住環境においてもそこがポイントとなります。

製品の環境負荷 LCA=ライフサイクルアセスメント

イメージ写真1

製品の環境負荷は、製品の原材の採取から製品が破棄されるまでの一連の過程(製品ライフサイクル)で発生します。

例として「本」のライフサイクルを挙げてみました。
森林伐採and再生資源→製紙工場(建設時のCO2も考慮)→印刷→製本→輸送→販売→使用→破棄(燃焼・投機)orリサイクル

一連の過程で使用する化石燃料もトータル算出して温暖化原因の一つとされているCO2が環境への影響をどれだけ与えているかを評価する手法がLCAといいます。

真の省エネとは

イメージ写真2

気密住宅+オール電化=省エネ住宅?

動力(電力や化石燃料)を使用しなくても過ごせる事が可能なら、これこそが究極の省エネ住宅と言えるのではないでしょうか?
NGO環境団体「気候ネットワーク」の調べによると、東京電力管内における一世帯当たりの年間消費電力量を算出し、発電により排出されるCO2を独自に算出した結果「オール電化住宅」と一般住宅で比較すると、一般住宅より69%もCO2を排出されている計算になっており、関西電力管内においても 29%増のデーター結果が出ております。
家庭内の目につくところでは「エコライフ」ですが、風上の部分では結果的にCO2が増えているのです。
先に述べた「LCA」評価判断では、発電施設建設と燃料採取などトータル的な温暖化原因を追求すると「石油・石炭」などの化石燃料による発電がもっとも影響力が強く、地球にやさしいのは、やはり「風力・太陽光」となります。しかし効率面では実用化が少ないのも現状です。皮肉なことに「原子力」も下位に位置しております。

LCAとは・・・

ライフサイクルアセスメント(Life cycle assessment)のことで、直訳すると、(製品やサービスなどの)一生の評価ということになります。ここで、製品の一生とは、製品自身の製造段階だけではなく、製品を構成する原材料の採掘段階、製品を構成する部品・材料の製造段階や、製品の出荷から使用者に届けられるまでの流通段階、使用者による製品の使用とそれに伴う修理・メンテナンスを含む使用段階、使用者の手を離れた製品が再使用・リサイクル・廃棄される処分段階の全てです。

Forest Crew

facebookページはこちら

 

Houzzに登録中の東温市, 愛媛県, JPのCrew Forest

このページのトップヘ